2014年09月27日

報徳塾及び二宮報徳講演会のご案内


第67回 報徳塾のご案内 

   かりの身を
     元のあるじに貸し渡し        
      民安かれと願う此の身ぞ   (尊徳翁道歌) 


皆様と共に楽しく学んでおります「報徳塾」を、

下記の要領にて開催させて頂きます。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。


 【一部】 上記『尊徳翁道歌』朗詠

    (先導)公益財団法人 日本詩吟学院認可新葉岳星会(四街道)
              鈴木 靖岳 正師範


 【二部】 『二宮翁夜話』

   (福住正兄著)輪読

  「 翁畢世の覚悟を吐露して門人を諭す 」

 【三部】 『いもこじ会』

   参加者の皆様の ご忌憚のない、ご発言の場といたします。


         記

 一、日時

   平成 26年 10月 18日(土曜日) 

  午後 1時30分〜4時30分迄

 一、会場  

     富岡八幡宮婚儀殿

       菊の間 (一階)

      江東区 富岡 1−20−3

      電話 03−3642−1315

  富岡八幡宮.jpg

 一、会費

   1,000円

 一、主催

     二宮報徳会

     〒136-0072
      江東区 大島 1−9−8−703

       電話 03−3637−7861
       Fax  03−3637−7841

  *資料等準備の都合上、ご参加の方は必ず事務局にご一報下さい。
 メールでも受付いたしております。
   furutomo1953@s6.dion.ne.jp
 予約申し込みは、前日まで、それ以降は直接会場にお越し下さい

<交通手段>

◆地下鉄

・営団地下鉄 東西線

  「門前仲町駅(1番出口)」より徒歩3分

・都営地下鉄 大江戸線

  「門前仲町駅(5番出口)」より徒歩6分

◆バス

・JR錦糸町駅前発

  都07系統 「門前仲町」行き
 
  「冨岡一丁目 駅」下車 徒歩2分


・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・


二宮報徳会 講演会
  


『戦後日本と拉致・教育』 



◆ 講 師  衆議院議員 
     三宅 博 先生
  
 
なぜこの様に多くの日本人が長期に渡って拉致され続けて来たのか?
公教育の場で、日教組による半日偏向教育が放置され続けてきた原因は何なのか?国防・外交の真の問題点はどこにあるのか。
戦後日本の実相を剔抉し、日本の根本的立て直しの方策を確認しなければならない。

◆ 講師プロフィール
昭和25年4月7日(64歳)
四天王寺大学人文社会学部卒
団体職員・会社経営を経て平成11年4月から21年8月まで八尾市議会議員。日教組や部落解放同盟による反日偏向教育や腐敗した人権行政の闇を徹底追及。
平成12年から「北朝鮮に拉致された日本人を救出する全国地方議員の会副会長」。平成15年からは特定失踪者問題調査会常務理事として調査救出活動に従事。拉致問題の全面解決のために、朝鮮総連は日本人拉致事件の実行部隊であり且つ犯罪者集団であるとして現在まで対決。
平成21年8月平沼グループで衆議院議員に立候補するも落選。平成24年12月第46回総選挙で近畿ブロック比例代表で当選。国会では拉致及びNHKの偏向放送を追及。日本の根本的立て直しを目指し、戦後構造からの完全な脱却を実現するために奮闘している。
次世代の党総務副会長・財務局長。国会では総務委員会、拉致問題特別委員会等に所属。

  三宅博先生.jpg


◆ 期日 平成26年 11月30日(日曜日)

    午後 1時 30分〜 4時 30分
            (受付午後 1:00)

◆ 会場 
    靖國会館「偕行の間」靖國神社内

     電話 03−3261−8042

   靖国神社への地図.gif
  
◆ 参加費 
      1,000円 (学生:500円=学生証をご持参ください)

◆ 交通手段
  ・東西線/半蔵門線/都営新宿線
   「九段下駅(出口1)」より、徒歩1分
  ・東西線/有楽町線/南北線
   「市ヶ谷駅(A4出口)」より徒歩10分
  ・東西線/有楽町線/南北線
   「飯田橋駅(A2出口、A5出口)」より徒歩10分
   

◆ 主催及び連絡先

  二宮報徳会(会長小林幸子)

   〒136-0072 東京都江東区大島1−9−8−703 
        電話  03−3637−7861 
        FAX  03−3637−7841
 
お申し込みは、FAX で前日までにお願い申し上げます。
それ以降は、直接会場にお越し下さい。 

furutomo1953@s6.dion.ne.jp メールは前日の13時まで
それ以降は、直接会場にお越し下さい。
  ↑*メールアドレスは、『講演会申し込み用』で、
         事務局大石のアドレスです。

 会長宛の私信はFAX又は電話でお願い申しあげます。

※資料等、準備の都合により、出来るだけ事前にご連絡下さい。
 次回は、平成27年1月25日(日)村田 春樹 先生にご講演頂きます。
 時間、場所は同じ國会館「偕行の間」で開催致します。
posted by 報徳会東京事務局天岩 at 22:00| Comment(0) | 報徳会からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。